気になる色々情報発信&備忘録な日記です。

by mintlemon

和歌山県は加太のマダイ釣り

和歌山県は加太の船釣りのご紹介です。


実は加太の真鯛は、知る人ぞ知るブランドな真鯛なんです。

一般に真鯛と言えば、明石や鳴門というのが有名ですが、どうしてどうしてそれらに負けず劣らず美味しいのが加太の真鯛なのです。


真鯛は、太平洋側でも日本海側でももちろん良く釣れていて、釣り人垂涎の獲物です。釣り味の楽しい対象魚で、首を振って独特の引きを楽しめます。


獲物が海中から姿を現し、それが真鯛だとわかると船釣りでは、先ず喜ばない釣り人はいないでしょう。

ましてや加太で釣れた真鯛なら例えば有名旅館やホテル、目出度い席でしか味わえない程の逸品が釣れるわけですから、喜びはひとしおです。


真鯛の味は潮が大きく関わっている様です。さて、ここ加太では、一般の釣り方とは違う仕掛けを使った釣りをします。

この日は井上丸さんでお世話になりました。



さて、ココでの仕掛けのご紹介。



オモリは30号でグレ針5号シルバーが6本、4号ハリスのサビキ仕掛けです。

全長10mを越える長い仕掛けで、高仕掛けと呼ばれています。


この仕掛けは非常に長くて、ついウッカリしていると簡単にモツレてしまいます。

なので、先ずはオモリから海底に沈めて行き、針を1本ずつマグネット板に順番にセットしていきます。

モトスは足元のカゴに収納しておくと、モツレません。



そして、針先の仕掛けですがコレがこの地独特の仕掛けなのです。



ビニール製の疑似餌です。コレに真鯛が口を使うのですネ。



ビニールの一方の先端を針に掛けます。この時注意したいのが、中心に針を掛ける事です。

そうしないと、海中を魅力的にビニールの疑似餌がヒラヒラ流れてくれないからなんですネ。

そのヒラヒラが、獲物に取っては非常に魅力的なエサが漂ている様なのか、真鯛はビニールの先端からカジリ出してきます。



その間、アングラーはただヒタスラ一定のスピードで仕掛けを巻き上げているわけです。

船長が指示する棚から始めて、大体何処まで上げるのかも指示があります。

その辺りまで上げてしまうと、再び仕掛けを落とし込みます。



あとはその繰り返しです。タダタダヒタスラ巻いては落として、巻いては落とすを繰り返します。

その内、獲物がビニールをカジリ出しますがこの時、決して合わせてはいけないのです。


獲物はビニールの尻尾から針へ向かってガシガシカジッているのか、決して合わせてはいけないのが、コノ釣りの特徴なんですネ。

なので、獲物が姿を現すまでは淡々と一定のスピードで巻き上げて行きます。そうすると・・・?



この日は60cm近い獲物がヒットしました。

場所を移して、青物も狙います。青物は青物用ビニールで狙います。



マダイ同様同じ攻め方です。この日は、・・・



メジロとサゴシが釣れました。真ん中の真鯛で30㎝を越えているのですが、まるでチャリコの様です。

このクラスの真鯛でも、シッカリそのアジを主張していましたのでお刺身で十分堪能させていただきました。


メジロもこの地の獲物ならではの絶品でした。コリコリ感があるのに脂の乗りも十分で、気が付けば溶けて無くなっていくような感じです。

釣り好きの方なら是非味わっていただきたい加太の真鯛&青物。なのでここで釣るなら高仕掛けをマスターしないといけませんね。



続いて蛇足ながら、マイタックルのご紹介を。・・・



このロッド、長さが丁度いいのです。コノ釣りのためにセッティングされた長さ。

そして穂先が堅牢で感度良好&軽量。手持ちスタイルなので軽いのは何よりです。


次に両軸リール。




このリールは巻き上げ感が非常に滑らかなんです。シルキーなのですね。加えて、獲物が引っ張るとラインが放出されますが、その時にキリキリと音で獲物のファイトを演出してくれますので、釣り人の心をスリリング&エキサイトさせてくれます。


パーミングも程よい大きさと形状で疲れ知らずなリールなんです。この組み合わせで最高の釣りが楽しまます。


サァこれからの季節、青物にも脂が乗り始めて針掛かりすれば、キリキリと音を立てて強烈なパワーでラインを引っ張りにかかります。

一方真鯛も首を振る振動がパワフルに手元に伝わって来て、船上で一汗握る攻防戦は後の食味も相まってワクワクドキドキなのです。


是非一度、味わっていただきい加太の真鯛釣りのお話しでした。


[PR]
by mintlemonlime | 2016-09-24 08:04 | 釣り | Comments(0)