気になる色々情報発信&備忘録な日記です。

by mintlemon

タグ:ニュース ( 9 ) タグの人気記事

オプジーボ ノーベル賞

ノーベル賞で一躍有名になった、癌の特効薬。そのニュースが・・・。オプジーボは免疫細胞に作用して、癌攻撃のブレーキを外して癌の治療に役立てる事を目的にしたお薬というのがイメージです。

関係各所へのオプジーボに関する、問い合わせが殺到していてそれがニュースに・・・。しかし実際のオプジーボの使用には、制限があって、・・・・

オプジーボが保険適用されているがんの種類は以下の通り(2018年10月9日現在)

・悪性黒色腫
・根治切除不能または転移性の腎細胞がん
・切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん
・再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫
・再発または遠隔転移を有する頭頸(とうけい)部がん
・がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃がん
・がん化学療法後に増悪した切除不能な進行・再発の悪性胸膜中皮腫


・・・という事で勿論、専門医の処方のもと、段階を踏んだ上でのお話。

オプジーボには副作用もあって、筋力が低下したり、呼吸が困難になる重症筋無力症とか、大腸炎、間質性肺炎、1型糖尿病などの危険もあるという事です。

今ではオプジーボは、手術が困難で再発あるいは移転したなどの、ある条件が満たされた患者に、保険適用された治療方法なのだそうです。

さらにその効果は、専門医によれば2~3割程度との場合もあるとか・・・?そのニュースでは安易に考えずに、主治医などにお話を聴いてもらって、実際のオプジーボとの相性なども考慮の上、治療に臨むというのが、当たり前と言えばそうなのだけれど、その様に締めくくられていました。

ガン治療は早期発見・早期治療で治癒率は、相乗的かつ飛躍的に向上し、もはや必死な病ではなくなりました。末期的な患者でも、奇跡的な回復をしたという、例も聞いたりします。

今回のノーベル生理学・医学賞に 本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大学特別教授が決まって、癌への果敢な取り組みと成果が一挙に注目されて、少々過熱気味な期待がニュースで紹介されたのでしょうか・・・?

医学の進歩は、確実に健康で長寿な人生に寄与してくれています。最後の病の一つとまで言われている 癌 でさへ、いずれは克服される日も遠くはないのかも知れません。

科学は、量子の存在やその仕組みに食い込んで、人類は色々な事を知る事になって来て、生物の発生とかDNAとか、根源的な 生命 に関しても色々な事実が解明されていたりもしています。

もしかしたら遠い未来、否もしかしたら近未来、人類は死ねない時が訪れるのかもしれない。それは、別の悲喜こもごもを生むかもしれない。

本庶博士のノーベル賞受賞は弛まぬ研究と進歩は当然、未来の人類にも感慨が広がる出来事でもある様な気持ちなのです。


[PR]
by mintlemonlime | 2018-10-11 16:43 | 日記 | Comments(0)

ジュゴン 鳥羽水族館

国内ではジュゴンは、鳥羽水族館でしか見る事は、出来ないそうです。そのジュゴン。名前はセレナが、31年にもわたる飼育に今なお来館者を楽しませてくれているというニュースが・・・。

親とはぐれた小さかった彼女を保護して、必死で育てて、今日に・・・。フィリピンから寄贈された貴重な海獣。とにかく長寿を全うして欲しいモノです。

ジュゴンは穏やかで美しい海に棲む、おとなしい動物のイメージ。個体数が少なく、放っておけない大切な私たちの仲間。ジュゴンが住める海はきっと、訪れた人々の心を穏やかで優しくしてくれて、時間もユックリと流れて行って、ずーっとココにいたい気持ちを提供してくれそうです。

そこで、彼らと遭遇出来れば、ただじっと眺めているだけで、幸せな気分にもなれそうです。身近では体験できない幸福感を与えてくれる、自然の美しくて、優しい一面。

ジュゴンはそんな象徴の様にも思うのです。彼らがもっと増えて、長生きできる自然が広がっていけば、私たちも幸せな人生を楽しめそうな気がしたり・・・。

ひと時の憩いを求めに、カノ水族館へ、彼女に会いに行くのも素晴らしい事だと思うのです。とにかく嬉しいニュースだったので、ご紹介。


[PR]
by mintlemonlime | 2018-09-15 20:54 | 日記 | Comments(0)

ドカベン

週刊マンガ雑誌世代なら、ドカベンは懐かしくもある野球マンガの一つ。
個性的な登場人物。野球が倍楽しめたマンガ。

その最終巻が発表された記事が・・・。
水島先生の息の長い、野球漫画は多くのファンが楽しみにしていたマンガ本。

投球フォームやバッティングフォームのカッコイイ一瞬をとらえた画。スリリングでスピード感あふれる動的な描写。何もかもが、釘付けにさせてくれる本で観る野球。

テレビで実写を観るよりも時に、迫力せまる緊張感。不思議な世界。ヴァーチャルな世界なのに、何故か感動してしまうドカベン。ドカベンが居てくれたから、現実の高校野球も一層、面白かった事も・・・。



ドカベン(46) (少年チャンピオンコミックス) [ 水島新司 ]

[PR]
by mintlemonlime | 2018-09-07 22:18 | Comments(0)

酷暑列島

観測衛星 「しきさい」が、捉えた猛暑列島の画像がニュースに・・・。

世界的な温度上昇のニュースは、悲観的。少なくともこれから5年はこの状態が続くだろう、という予測も・・・。

人為的な原因と、それ以外の要因が重なって温暖化は進むとか・・・?夏、酷暑だと、冬は極寒。極端な気温変化が続くのか・・・?

さて、地球上の大部分を占める海は、二酸化炭素を吸収して、それを海水中に溶け込ませていく。
最も二酸化炭素を消費してくれるのは海だと、お勉強した記憶が・・・?一方、地球上の二酸化炭素を活用して、植物は光合成をして酸素を供給するとも・・・。

その酸素が増え過ぎると逆に、地球上は冷えて行き極端な話、6億年程前では全球凍結、地球全体が氷に閉ざされた時期があったのだとか・・・?

今の地球上は間氷期で、氷河期の時期に当たるというのが、学説的には主流だそうで・・・。

とにかく、平成最後の夏は酷暑。
心配していた高校野球も今のところ、その酷暑に耐えて、選手も応援している皆様も元気に甲子園で・・・。

けれども、少なくとも人為的な要因での温暖化は、避けたいものです。非力なのかも知れませんが、山々の樹々を守って、里山を保護し、自然災害をコンクリートな土木工事だけではなくて、昔ながらの自然にやさしい食い止め方を模索して、動植物にも考慮した災害防止を考えられないものなのか・・・?

沿岸も同様に、海の幸が甦る環境と、災害対策を両立する事が出来れば、それが、ゆくゆく酷暑な列島をクールダウンしてくれるかも知れません。

快適な生活のために、エネルギー消費はやむを得ないものの、例えば自動車は日進月歩で省エネ・環境に優しい進歩をとげ、白家電も省エネで頑張っているし・・・。

これからは、自然と対峙する対策ではなくて、自然の力を上手く活用した方法で、災害を極力食い止められる手法が開発されて、自然と共生できる列島になって行けば、酷暑からも解放される一つの手立てになるのかもしれません。

酷暑を克服して、暮らしやすい列島に戻って欲しいと思う、今日この頃です。


[PR]
by mintlemonlime | 2018-08-16 14:04 | 日記 | Comments(0)

シカ 奈良公園

奈良公園に行けば、鹿。
シカに出会えて、鹿せんべい見せれば、お辞儀をしながら寄って来てパリパリ。

もっと寄こせと、鹿だかり。
可愛いけれど小さな子どもなら、少々の恐怖感も・・・。

奈良公園には無くてはならない、神様の使い。大切に保護しないといけない反面、全国的にはシカの被害がクローズアップ化・・・。痛しかゆしなシカのニュースが・・・。

何と、奈良公園のシカは栄養失調気味なのだとか・・・?それなのに野生のシカよりもご長寿。色々な要因がそうさせていて結局、人間のなせる業・・・。シカにとっては迷惑なお話・・・?

さて、人様は飽食でファットな生活。ソコには貧困で悩む図が見えないけれども、世界的には貧困の問題は、一つの大きな問題。コレマタ、痛しかゆしな問題。

奈良公園に見るシカからも伺える、偏りのある今の世界。人も鹿も、今を生きています。世の中を生き抜いている生物。生きていれば色々とあるのが人生でもあり、ワイルドライフ。

人だけが、恣意的に環境を変えられる動物。奈良公園のシカ達だって、このままではどんなモノなのか・・・?色々と、考えさせられるニュースでした。

奈良公園のシカイメージイラスト500×500.jpg

[PR]
by mintlemonlime | 2018-07-06 06:57 | 日記 | Comments(0)

ヒヨコ ジョージア

ジョージアでゴミ捨て場に捨てられた卵が孵化してヒヨコの群れが、ユーチューブで公開されていました。
(ゴミ捨て場に投棄された「不良品」の卵から大量のヒヨコが孵化)

地元は大騒ぎで、ヒヨコを確保する人々でにぎわったそうです。
珍しい光景。

ヒヨコは初めて見た動くモノを、親として認めるのだとか。早く捕まえて、ヒヨコの親になって育てて、雌なら卵を産んでもらって・・・。

それにしても、自然は逞しい。

ヒヨコイメージイラスト500×361.jpg

[PR]
by mintlemonlime | 2018-06-15 23:01 | 日記 | Comments(0)

新聞記事 漁師

昨今のニュースで漁師が減少傾向にあるのだとか・・・?
これって、悲しい現実。

周囲を海に囲まれているお国の、本当に哀しい現実。
私たちは海の恵みで、健康的かつお勉強も出来る国民だと思うのです。

漁師の皆様のお仕事で、私たちは勤勉で世界的にも光彩を放っている部分が少なからずあるのでは・・・?等と思う今日この頃。

多少大げさかも知れませんが、海の恵み無しには私達のアイデンティティーが失われそうな気がしたり・・・?

なので、海の恵みを美味しく頂きましょう!



【ふるさと納税】◆海幸山幸どきどき定期便

[PR]
by mintlemonlime | 2018-03-30 15:42 | 日記 | Comments(0)

定年延長のニュース

「政府は16日午前、関係閣僚会議を開き、国家公務員の定年を現在の原則60歳から65歳に引き上げる方針を決めた。」・・・とニュースで。

私たちの健康も寿命も延びてきていますネ、確実に。
健康で長寿、マコトに結構なことだと思うのです。

健康なら世間様に貢献出来て、日々の生活もハピーに過ごせるというモノ。
その様にポジに捉えて、朝日を拝顔して参りましょう。

さて、ここで邪推。
政府が公務員の延長を決めた ≒ 年金受給時期更に延長 の図式も・・・?
などと誰もが考える発想。

マァ、それでも己が健康が伸びているのならヨシとするか・・・?
イエイエそれは、困ります?

ニュースに尾ひれはツキモノ。
公務員の定年延長のニュースから発想してしまう悲喜こもごも。

まさにソレそのものが、生活真っ最中のしるし。
健康であればこそ。

ビッグバンでパリティの破れが起こったからコソの今の宇宙。
否定して肯定した箇所を検証する事は、ポジな考え方だとも言えるのでは・・・?
益川先生も「肯定のための否定の作業」の必要性を言われていたかと・・・?

それをネガしてポジを検証するに繋げてしまうのは多少行き過ぎカナ・・・?
定年延長に思う今日この頃。

[PR]
by mintlemonlime | 2018-02-16 15:42 | 日記 | Comments(0)
宮沢りえさんが、カルティエ銀座ブティックのオープン記念イベントに登場したニュースが・・・。
華麗なドレス姿に約5億円のジュエリーをまとい、ご本人も驚きの表情。

彼女とカルティエのご縁も披露されて、正に華やかなお話です。大人の女性の楚々としたドレス姿にジュエリーの輝きは正しく華やかできらびやかな物語の様。

美女と宝石のコラボに男性の目も釘付けだった事でしょう。

[PR]
by mintlemonlime | 2016-09-27 13:57 | エンタメ | Comments(0)